▼営業日カレンダー▼

感激!!メッセージ

先輩、保護者様、大家さんからのメッセージをご紹介します

徳島大学先輩たちのお部屋探し体験記

徳島大学の先輩たちはどんなタイミングでどのようにしてお部屋探しを行ったのか聞いてみましょう。

岡山県出身 工学部1年生(取材時学年)

私は前期試験で合格しました。合格を知らせてくれたのはシティ・ハウジングさんからの電話でした。受験の日に徳島大学の門の前にシティ・ハウジングさんの社員さんと大学スタッフの方がパンフレットを配っていました。

私にもパンフレットを配ってくれて、「合格発表も電話ですぐに伝えますよ」と言ってくれました。最初は受験前でナーバスになっているのに、と思っていましたが、その大学スタッフの方がアドバイスをくれ、緊張をほぐしてくれました。その事もあって、受験も上手くいったのかな、と今になって思います。

合格発表の時、まだ高校で授業をしていて、授業中に電話がかかってきました。さすがに授業中は電話に出られなかったのですが、休み時間に折り返し電話をしました。
私は徳島出身ではないので、合格がわかるのはインターネットぐらいしかなかったので、シティ・ハウジングさんの電話ですぐに合格を伝えてくれたのはすごく良かったと思います。

この事をきっかけに、とりあえずシティ・ハウジングさんで部屋を探そうと思いました。ここは紹介してくれる物件の数も多く、スタッフの皆さんとも話しやすかったので、自分の言いたいことが言えました。いっしょに部屋探しについてきてくれた両親も「ここなら信用できるなぁ」と感心していました。

シティ・ハウジングのスタッフの皆さん、そして大学スタッフの皆さんは、とても親切です。ぜひシティ・ハウジングさんをお薦めします。私もシティ・ハウジングさんで選んで良かったと今でも思います。
一覧へ