▼営業日カレンダー▼

感激!!メッセージ

先輩、保護者様、大家さんからのメッセージをご紹介します

徳島大学先輩たちのお部屋探し体験記

徳島大学の先輩たちはどんなタイミングでどのようにしてお部屋探しを行ったのか聞いてみましょう。

和歌山県出身 総合科学部1年生(取材時学年)

台所が広く、家賃も手頃だったから

私はセンターあり推薦で徳島大学に合格し、合格発表後の2月上旬からお部屋探しを始めました。
徳島県外に住んでいたので、実際徳島でお部屋探しを始めるまでは、シティ・ハウジングさんの発行している冊子を見ながらお部屋の具体的なイメージを固めていました。賃料やエリアに分けて物件が詳しく掲載されており、とても参考になりました。
シティ・ハウジングさんを訪れたあとは話をしながら様々な物件を紹介いただき、そのあと何件か車で連れていってもらいました。お部屋探しは賃料や間取りはもちろんのこと、物件の雰囲気や周囲の環境も大切になってくるので、気になった物件には実際に訪れることをおすすめします。また、あらかじめ外せないポイントや予算などを決めておくと物件が絞りやすいです。
シティ・ハウジングさんの担当者の方は様々な相談にも乗ってくださり、初めての土地でとても頼れる存在でした。今ではおかげさまで、程よい距離に大学やスーパーなどがある生活しやすい環境で暮らすことができています。
一人暮らしを始める中で不安な新入生の方もたくさんいると思いますが、シティ・ハウジングさんは入居後のアフターサービスもしっかりしているので安心です。お部屋は生活していく上で重要な空間になってきます。新入生のみなさんがシティ・ハウジングさんで自分に合ったお部屋を見つけられ、充実した大学生活が送れることを祈っています。
一覧へ