▼営業日カレンダー▼

感激!!メッセージ

先輩、保護者様、大家さんからのメッセージをご紹介します

徳島大学先輩たちのお部屋探し体験記

徳島大学の先輩たちはどんなタイミングでどのようにしてお部屋探しを行ったのか聞いてみましょう。

三重県出身 医学部2年生(取材時学年)

私は後期試験で合格したので、お部屋探しに本当に時間がありませんでした。まだ空いている部屋があるのか、しかも自分の気に入る部屋がまだ残っているのかという不安を抱えながら、シティ・ハウジングさんに行きました。

自分が住みたいお部屋の条件を伝えたら、とても親身になってお部屋探しをしていただきました。おかげで希望の予算内で大学にも近く自分の気に入った部屋に住むことができました。
2年生からは専門が増えるので、蔵本キャンパスの近くに住み替えるため、秋から再びシティ。ハウジングさんでお部屋探しを始めました。一度一人暮らしを始めているので、こだわりが前回よりも増え、たくさんの条件を伝えさせていただきました。

なかなか自分の気に入ったお部屋を見つけることができず、たくさんのお部屋を見学させていただきました。一生懸命探して頂いたおけげで希望通りのお部屋を見つけることができました。
しかし、自分一人では決めることができなかったので、期日を延長して頂き、親とともに再び案内して頂き、決めることができました。手続きの書類の書き方がわからすシティ・ハウジングさんにお電話した時も親切に対応して頂きました。

お部屋探しをした縁もあって、こちらでアルバイトさせていただいています。アルバイトを始めて、社員さんみなさんのお部屋探しに対する熱心さかつ丁寧な対応に改めて気づかされました。私たちアルバイトも社員さんに負けないよう、一生懸命頑張らせていただいています。

お部屋探しも、その後のケアも、丁寧に対応して頂けるので、シティ・ハウジングさんでお部屋を選んで本当によかったと思っています。
一覧へ