▼営業日カレンダー▼

感激!!メッセージ

先輩、保護者様、大家さんからのメッセージをご紹介します

徳島大学先輩たちのお部屋探し体験記

徳島大学の先輩たちはどんなタイミングでどのようにしてお部屋探しを行ったのか聞いてみましょう。

兵庫県出身 総合科学部2年生(取材時学年)

『徳大生活応援団!』

私が徳島行きを決めたのは願書受付〆切当日の朝でした。今思えばいろいろな縁にたぐり寄せられてここへ来れたのかな… そもそもCITY HOUSINGさんとの出会いも偶然でした。高校の廊下で誰かが見て戻し忘れた冊子を手に取ったのがはじまりでした。
「お部屋探しっておもしろいね」と家探しを私より楽しんでいた母と、「不審者おらんとこにせえよっ!」と何故かそればっかり心配していた父にとって私は「はじめての大学生」だったのです。 一番目の子の私だって何も知らないし、全てが初体験で“不安”なんかより“え、何すればいいの?”が先でした。

そんな“お部屋探し初心者のろのろ親子”の強い味方がシティ・ハウジングさんだったと思います。 お部屋は、担当・近藤さんの手慣れた迅速かつ温かい対応でトントン拍子に一番のお気に入りに決まりました。
私たちを車で物件まで送迎してくださったり、親娘のちいさな疑問から引っ越しの相談、 そして大きな家電の購入のこと、ぜーんぶ逐一聞いてくださって、毎回コミュニケーションを大切に関わってくださいました。

入居後ドアが調子悪くなった時や色々な相談も気軽にできて、実家の両親もとても安心しているようです。 うちと同じような不安を抱えているお父さん、お母さんが今年も助けられることを願っています!
そして私はというと、とんどで焼いた焼きイモをくれたり、「いってらっしゃ~い!」 と毎朝笑顔で見送ってくれる優しい大家のおじいちゃんおばあちゃんに囲まれ、たまにそのお孫さんと夕方サッカーをしてみたり…となかなかの“とくしまスローライフ”を満喫しています! これもシティ・ハウジングさんのおかげです!

皆さんもきっと楽しい生活が待っていますよ!一緒にがんばろう!
一覧へ